医療費について

医療費について

H30.8月改正

医療費は患者さまの年齢や所得により1割~3割の自己負担になります。

70才未満の方

自己負担は3割ですが、高額療養費制度の手続きをすることにより、所得に応じて『限度額適用認定証』が交付されます。
限度額適用認定証を保険証と一緒に病院窓口に提示されると、区分により下記の自己負担額になります。

区分 自己負担限度額 多数該当
252,600円+(総医療費-842,000円)×1% 140,100円
167,400円+(総医療費-558,000円)×1% 93,000円
80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円
57,600円 44,400円
35,400円 24,600円
区分 自己負担限度額 多数該当
252,600円+(総医療費-842,000円)×1% 140,100円
167,400円+(総医療費-558,000円)×1% 93,000円
80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円
57,600円 44,400円
35,400円 24,600円

多数該当とは

直近12ヵ月以内に3回以上高額療養費の支給があった場合は、4回目以降の自己負担額の上限がさらに引き下がります。

70才以上の方

自己負担は70才~75才未満の方は、高齢者受給者証に、75才以上の方は、後期高齢者医療証(保険証)に記載されている負担割(1~3割)で下記の自己負担額になります。
但し、1割又は2割の方で住民税非課税の世帯の方は手続きをすることにより、『標準負担減額認定証』が交付されます。
また、3割の方で「現役並みⅠ及びⅡ」に該当される方は、手続きすることにより、『限度額認定証』が交付されます。
『標準負担限度額認定証』、『限度額認定証』を保険証と一緒に病院窓口に提示されると、区分による自己負担額になります。

負担額 区分 自己負担限度額
外来 外来 + 入院 多数該当
3割 現役並みⅢ 252,600円+(総医療費-842,000円)×1% 140,100円
現役並みⅡ 167,400円+(総医療費-558,000円)×1% 93,000円
現役並みⅠ 80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円
1割
又は
2割
一般 18,000円 57,600円 44,400円
低所得Ⅱ 8,000円 24,600円 -
低所得Ⅰ 8,000円 15,000円 -
負担額 区分 自己負担限度額
外来 外来 + 入院 多数該当
3割 現役並みⅢ 252,600円+(総医療費-842,000円)×1% 140,100円
現役並みⅡ 167,400円+(総医療費-558,000円)×1% 93,000円
現役並みⅠ 80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円
1割
又は
2割
一般 18,000円 57,600円 44,400円
低所得Ⅱ 8,000円 24,600円 -
低所得Ⅰ 8,000円 15,000円 -

食費・居住費について

H30.4月改正

当院は療養病床の病院です。

65歳以上の方は食費・居住費の負担額が下記の標準負担額になります。
但し、難病患者さまについては対象外です。

65歳以上70歳未満の方

70歳以上の方

※90日超とは

12ヵ月以内の入院期間が90日を超えた場合は、改めて減額申請(長期入院該当手続き)を行ってください。
減額認定証の長期入院該当年月日、保険者印の欄に証明があることを確認し90日超の該当となります。

介護費について

介護療養型医療病棟(2階西病棟)に入院の患者さまは、介護保険が定める療養型介護療養施設サービス費の1~3割(『介護保険負担割合証』に記載された割合)と食費・居住費の自己負担になります。
食費・居住費については、世帯の所得状況などにより、軽減されることがあります。
自己負担軽減の対象となられる方は、手続きをすることにより『介護保険負担限度額認定証』が交付されます。
『介護保険限度額認定証』を介護保険、割合証と一緒に病院窓口に提示されると、区分による自己負担額になります
手続き方法は、お住まいの介護保険課へお尋ねください。