まどか訪問看護ステーション

まどか訪問看護ステーション(訪問看護)

訪問看護とは?

看護師がご自宅へ訪問し、療養生活を送っている方の看護を行うサービスです。 ご本人やご家族の意思、ライフスタイルを尊重して、生活の質の向上ができるよう、予防支援から看取りまでを支援させて頂きます。

訪問看護は、乳幼児からご高齢の方まで幅広くご利用ができます。当訪問看護ステーションは、看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が在籍しており、医師の指示のもと、看護・リハビリを提供させて頂いています。

どんなサービスか?

  1. 療養生活の相談・支援
    食事・排泄・運動などの療養上の助言を行い、生活リズムを整えるお手伝い
  2. 病状や健康状態のチェック、看護
    体温・血圧などを測定し、感染症の有無、心身の健康状態などを観察し、状態に応じた予防的支援
  3. 医療処置・治療上の看護
    医師の指示に基づき、点滴や痰の吸引、経管栄養などの医療処置
  4. 苦痛の緩和と看護
    痛みや発熱、不眠、便秘などの症状の緩和、精神的支援
  5. リハビリテーション
    日常生活動作の訓練、運動機能の回復・維持・予防、呼吸機能や摂食・嚥下機能回復・維持・予防など
  6. ご家族の相談と支援
    安楽な介護方法を助言したり、訪問介護員などの他職種と連携し、ご家族の介護負担軽減の支援
  7. 住まいの療養環境の調整と支援
    福祉用具相談員など他の専門職と連携し、生活に必要な福祉用具、転倒防止を目的とした住宅改修についての助言
  8. 地域の社会資源活用の支援
    地域包括支援センター、保健所、居宅介護支援事業所、市町村などと連携し、保健・医療・福祉の制度の紹介や導入、各種サービス提供機関との連絡・調整
  9. 認知症の方の看護
  10. 精神障がいの方の看護
  11. エンドオブライフケア
    最後まで尊厳のある療養生活を送れるよう支援。緊急時の対応や看取りまで
  12. 在宅移行支援
    外泊中の看護の提供や退院前に入院先まで出向き退院後の生活についての準備・助言

24時間365日、いつでも連絡が取れ、訪問ができる体制を整えています。
かかりつけ医、ケアマネジャーなどとの連携を行っています。
医療・看護・介護だけの小さなコミュニティではなく、地域に飛び出し、地域住民の方や行政とも関わり、地域包括ケアの視点で看護に取り組んでいます。
「病気があっても障がいがあっても、自宅で生活できることを大切にして、楽しく元気に生活できるよう支援していくこと」が、私たちまどか訪問看護ステーションのコンセプトです。

<お問い合わせ先>

まどか訪問看護ステーション

TEL:0942-65-5324