お知らせ

2018.12.23 お知らせ

『目標をもつ』ことの力強さ☆

 前の記事でもお伝えさせていただいたように、当デイケアでは今年も「年忘れ会」を開催させていただき、職員が趣向を凝らしたプログラムで大いに盛り上がりました。
そんな中、例年とは少し違った出し物も。
それが『利用者様による三味線の演奏会』でした。

実はこのプログラム、利用者様本人から申し出があり、長い期間の練習を経ての晴れの舞台だったのです。利用者様はもともと三味線の師範をされてありましたが、体が不自由となり、三味線も諦めただ何となく毎日過ごしていた(本人様談)とのこと。
それが、デイケアに通うようになり、段々と「もう一度他人様の前で演奏がしたい!」と思うようになったとの事で、夏頃に本人様よりリハビリへ相談が。それから今日の本番まで少しずつデイケアでのリハビリや自宅での自主練習を続けてこられたのでした。
徐々に自信もついてきたのか、先月頃には「どうせやるなら着物も着てやりたい!」と新たな目標も立てられ、更に意欲的にリハビリに取り組んでこられました。
「手が思うごと動かん」「体がいうこときかん」と言われてあった利用者様が、当日は以前のお弟子さんと共に、非常に嬉しそうに、活き活きと演奏をしてくださいました。

そして演奏終了後の控室ではすぐに、「次は何を目標にしようかね☆」と、さっそく次のイベントへ向けて意気込んでありました。
なんとなくリハビリを行うのではなく、目標を立てて、その実現に向かって頑張る!
利用者様の姿にスタッフ一同大変勉強になった一日でした。
皆さんは来年なにを目標にされますか?
私たちに、その実現へのお手伝いをさせて下さい。

※写真の掲載につきましては利用者様より許可を頂いております。