丸山病院介護医療院

丸山病院介護医療院

丸山病院施設外観

2020年10月1日より、介護療養型病床を介護医療院に転換いたしました。
これに伴い、名称が『丸山病院介護医療院』となります。
外来診療、回復期病棟・療養病棟につきましては『丸山病院』として引き続き診療を行ってまいります。

介護医療院とは

介護医療院とは平成30年4月に創設された介護保険施設で、慢性期の医療・介護ニーズを併せ持つ要介護者を対象とし、「日常的な医学管理」や「看取り・ターミナルケア」等の医療機能と「生活施設」としての機能を兼ね備えた長期療養・生活施設です。

利用者の皆様が住み慣れた地域でその人らしい日常生活を送れるよう、医師・看護師・介護士・栄養士・リハビリなどの専門スタッフが連携して療養生活の支援を行ってまいります。

施設概要

介護医療院ベッド

個々のプライバシーを配慮してパーテーションを設置しております。

入所対象者

介護保険の要介護1~5の認定を受けられた方で、日常的、継続的に医学的管理が必要であったり、終末期を生活の場で暮らしたいが自宅等では不安がある方等を対象にしています。
随時入所判定を行っておりますので、下記へお問い合わせください。

利用料について

・介護保険証
・介護保険負担割合証
・介護保険負担限度額割合証

上記をお持ちの方はご準備の上、下記までお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ

地域医療連携室(代表電話番号:0942-73-0011)まで、ご相談・お問い合わせください。