理事長あいさつ

理事長あいさつ 理事長 平松義博

2019年2月から丸山前理事長よりバトンを受け継ぎ、豊泉会理事長に就任いたしました。豊泉会が久留米市天神会古賀病院グループの一員として医療・介護・福祉活動を展開することとなったことに伴うものです。豊泉会が地域の中で果たすべき役割は変わりませんが、さらに効率的で質を高めるための努力を継続してまいります。


 さて、明治以降我が国の人口は約8000万人も増え、国民の平均寿命もこの70年間で30歳以上も伸びました。日本は世界一の長寿国となり、このこと自体は素晴らしいことなのですが、一方で少子化の進行のため、高齢者の医療・福祉を支える財政的な基盤が揺らぐ事態となっています。国はこうした状況から高齢者を支える「地域包括ケアシステム」の整備を進めています。地域包括ケアシステムとは高齢者が出来る限り住み慣れた場所で尊厳を維持し、自立した生活が送ることができるように地域の支援・サービス提供体制を整備しようというものです。この中には医療とともに介護や福祉の施設、在宅サービスを含みます。

豊泉会には「丸山病院」の回復期リハ病棟、医療・介護療養病棟とともに、老人保健施設「弥生園」、地域密着型特別養護老人ホーム「弥生の里」の介護・福祉施設があります。また家庭医療を推進し、在宅医療にも積極的に取り組む「まどかファミリークリニック」などの地域に密着したクリニックや、デイケア、デイサービスといった通所型施設もあります。

これまで以上に地域の急性期医療機関との連携を深め、ご高齢の患者さんや障害を持たれた患者さんの元気な在宅生活を目指す、【生活の時期】の医療・介護・福祉事業を展開していきます。天神会の理念は「人々の豊かな生涯を支援する医療・介護・福祉」、豊泉会の理念は「人間大切」です。病気や障害を持たれた一人一人の高齢者の生活が豊かで元気になるよう“人”を大切にした医療・介護・福祉を今後とも継続してまいります。なにとぞよろしくお願いいたします。

経 歴

1977 年 3 月 九州大学医学部卒業
1977 年 4 月 九州大学第一内科入局
1986 年 6 月 米国ノ-スカロライナ大学内科循環器部門 留学
1988 年 7 月 筑豊労災病院 内科部長
2000 年 4 月 湯布院厚生年金病院 副院長
2008 年 7 月 社会医療法人天神会 古賀病院21 副院長
2010 年 4 月 同上 院長
2019 年 2 月 医療法人社団豊泉会 理事長

所属学会

  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本心臓リハビリテーション学会 認定医
  • 日本腎臓リハビリテーション学会 名誉会員